ツメが伸びるのはやいねん。

都会に住むトカイ子と、田舎に住むイナカ子が、都会砂漠と田舎沼をサバイバルする日記。

友達が鬱になった

友人がいる。

気の置けないのみ友達だ。

相変わらずネットでばかり出会っているが、

こやつとは、既に5年近くの仲だ。

飲んでくだまいて、そこで終わり。

 

過去に落ち込むことはない
未来に怯えることはない
過去は もう ここにない
未来も まだ ここにない
明日という言葉は幻想で
誰1人として見たことがない
いつだって
目の前に 広がってるのは
今日だけ

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/represent-chikyu/j/

 

 これは、「レペゼン地球」という集団の「J」という曲の歌詞だ。

決して薄っぺらいとは言わないが、まあまあ、そこそこ厚みにむらがある

この集団の、そんな感じの曲が合うような。

そんな薄いんだか、厚いんだかわからない感じの、ぬるーい仲。

明日の約束とか、前もっての予定とかそんなのはなんにも無くて。

ただ今、のめればいいやーという仲でしかない。

何かしら思い出のようなものを探しても、

本当にその都度その都度だから、何にもない。

 

そんな友達が、「鬱」になった。

感情がはぎとられたような声をしていた。

何にも覇気がなくて、何にもわからないんだと、どうしようもないんだと、

そんな声をしていた。

私は、そっか、と話を聞いていた。

 

ここ一か月の飲み方ががおかしかった。

仕事で悩んでいた、元気がないなあと思っていた。

思わぬ再開や、過去にゆすぶられていたことも、ちゃんと休めていなかったことも。

ただ、いかんせん踏み込んだことはせずに

いつも、そうか、と話を聞いているだけだった。

ああ、壊れていくなあ、というのをぼんやり見ていたと言うと

また大げさかもしれないけど。

 

病院にいけ、とその感情のない、起伏のない声に言い放った。

診断書をもらってこい、と促した。

きっとかれには病名がつく。私がだらだらと酒を飲み交わした

やつにあうことはもうないかもしれない。

人格の死に時に、この病は近しいことを知っている。

 

特殊な環境をくぐりぬけてきたやつで

一本筋を通すことはできるのに、自分の内側の声にしたがって

あっさりと路線変更は出来ないやつで。

やめることもできず。

 

ああ、柄にもなく、と思った。

感情にが起伏のない声は、こんなにも不安をあおる。

でも、多分誰もいないところではこんな感じで自分と話していたのだろうか。

笑い話になってしまうくらい、気障で大げさで

大立ち回りをしている彼の人生がこのまま続いていけばと思っていたのに。

 

さみしいなあ、と思わずにはいられなかった。

上手く、彼が彼の心と向き合えることを祈って。

 

「東京にいるのがもう限界やったんかもな」

やっぱり起伏のない声でそういう。そうなんかもねと返す。

このまちは、全ての人に理由を与えてくれるような気がしている。

 

久々に元彼の夢をみた

 

先だって、落語をしてきた。

ひっさびさの、5年ぶりくらいの、現代落語。

「神頼み~初恋編~」

ぜんっっっぜん練習してなかった。やっばいくらい滑った。

が、なんとか、あたまと尻尾だけは残して、さげまでいきついた。

かもみしももぐちゃぐちゃだったし。やばかったわー・・・・・

どっかでもう一回個人的にこのネタはかけたいな。

過去には、高座でネタが飛んで大泣きしたこのねた。

二度とかけないときめたこのネタをふと気まぐれにかけてみた。

ぐたぐただったけど、今の私なら多分思いきってできる。

年齢を重ねることは悪いことではない。

 

ライブの様子はツイキャスにあげている。

他に登場してくれた人は皆プロなので、良かったら見て見てもらい。

 

twitcasting.tv

 

さて。ひさしぶりに元彼の夢をみた。

同じ大学に通っている設定で、ただ一緒に暮らしているゆめ。

これまでの夢には、もう相手が動くこともしゃべることもなかったのに、

なんだったら少しおぼろげな記憶だったのに。

はっきりうごいて、ちゃんと喋って。

ご飯を一緒につくって、名前を呼んでもらえて、明日はどうしようか、

みたいなことを楽しみに思ってその日も眠って、で目が覚めたら私は1人で、

なぜか、お腹に未開封酒粕が乗ってて、あー夢だったんだと思うと言う夢をみた。

 

夢をみる夢をみた。

末期だと思った。

 

夢は、脳が現実に体におこるかもしれないことをシュミレーションしてるらしい。

その時の感情や、気持ち、みたいなものを

事前に確認するものだ。

わりと、自分が事故にあう、とか、落ちる、とかっていうゆめを見る人は

きっとそういう場面になったら生き残れる可能性が高いかもしれない。

 

その夢で、私は夢を見た。

涙を流すべきなのか、その一瞬の幸せを思えばいいのかわからなかった。

 

私はまだ、あの人が同じように笑いかけてくれると思っているらしい。

でも、そうじゃなかったとしてもさほどショックは受けないのかもしれない。

期待が裏切られたとしても、あーそっか、そうだよねと

思うことができるようだった。

 

忘れられず、とはいえもう明確に思い出すこともできず。

もはや本人とは違うものを本人として思い描いているかもしれない。

苦笑しかできなかった。

そもそも酒粕ってなんだ。酒瓶にしとけ。

ライブやるよ!きておねがい!

f:id:tsumehaya:20190516005740p:plain

宣伝します!

 

どうも、とかい子です。

こういうのが、一番ブログがでは受けないとわかっていますが、宣伝です。

寄席やります。とかい子でます。

よかったらみにきてください。

ポスターはいなか子につくってもらいました。本当にありがとう。

 

頑張るあなたの力になりたい

寄席やります。

 

事務所所属の漫才師さんとか、プロアマな落語家さんとか、

大喜利したりします。

古典、現代ごちゃまぜで、「見る人もでるひとも楽しんでもらいたい」

自己満足におわらない、相方に満足していただける

空間にいたしたいなと。

 

よかったら遊びに来てね。

 

https://teitei.work/live_20190518?fbclid=IwAR2CsbHXUkKO9i54jCJ9tOMiiUqZIkA1eWIj4ZiDjpM6NRIS7rwKETxxwAU

お題「どうしても言いたい!」

長ネギ 

今週は土曜日もちゃんと早起きした。

職場が異動したから頑張って靴とか服とか買ってきた。

でも、よく考えたらパンプスは既に持っている。

かかとを駄目にしてしまっているが、修理に出せばいい。

そもそも、ジャケットも3、4着持ってた。なんか行く先々で忘れてる。

今ぱっと数えたら、7着シャツだけである。ありすぎる気がする。

いる?こんなに。まあ、洗濯しなくていからいいのかもしれないけど。

 

というわけで、日曜日はしっかり朝寝坊した。

起きて、冷蔵庫を一掃しなければと中を整理していたら、

長ネギがでてきた。食べるのすっかり忘れてた。

もう、先端につぼみできてたし、なんか、あのナウシカに出てくる

腐海の植物みたいな花が咲いていた。

 

低温の暗室に一定期間以上閉じ込められて、

養分を取り入れるための根もなく。

そもそも、生きていくために必要な酸素も、二酸化炭素

十分な太陽も徹底的に奪われた環境でさえも

自らの人生の目的を達成している。

環境がこんなに悪いのに、それでも目的を達成できる能力を

ちゃんと有している植物ってすごい。

生まれながらにしてある程度環境に負けない力を持っている。

まあ、シンプルな目的だからかもしれないけれども。

 

暗室から出てきた、報われなかった長ネギ。

限られた水分を注いで実らせたつぼみと花。

固そうな表面の皮をむき、つぼみと花を包丁で切り落とした。

食べないわけにはいかない。なんだか生きる気力を得られる気がした。

けだるい日曜の昼。少し濃くし過ぎてしまったみそ汁に、

大きめに切った長ネギを投入する。

食べたらやっぱり、固い皮が口に残ってあんまりおいしくない。

そらそうだ。人生を完遂し、目的を達成した生き物だもの。

こちらがいくら捕食者であったとしても、人生の勝者はどうしたって長ネギだ。

道半ばの何物にもなれない私は、その一生の軌跡を感じるだけ。

そして、一生はあまくない。

まだまだ、エネルギーを残している生き物のの方が

おいしいに決まっている。

 

ねぎはでも子孫を残せてないじゃないか、と思うかもしれない。

もうだって、花が咲いた時点で種の人生だもの。

種をつくることが、元の植物の人生の目的だもの。

 

甘すぎたみそ汁。

炊きたてのご飯。惰性で作った野菜炒めと両面焼きにした目玉焼き。

 

両面焼きの目玉焼きは、元彼がつくってくれた。

それまでそんな焼き方をしたことがなくて、

たまに無性に食べたくなってしまう。けど、自分ではいつも上手くいかない。

 

どれもこれも、すこしずつ甘かったり薄かったし塩辛かったり。

味わい深い日曜の人生だな、と思った。

 

 

f:id:tsumehaya:20190513013757p:plain

新緑が美しい

 

 

お題「朝ごはん」

長めの袖は役に立つ~福岡里帰り編~

 

連日投稿ができるような穏やかな日々も終り。

もう、日常に戻れる気がしない。

たった1週間休んでもこうなのだから、学生の夏休みってすごいね。

1か月以上もありましたけども、それでも足りなかった。

それだけ、なにかしよう!にあふれていたわけで。

定期的にこういう大きめのお休みがあると確かに

スキルアップしようと言う気になる。たまにしかないとまじで

一日寝てる。無意味な時間しか流れない。反省の極み。

どうもとかいこです。

さて、里帰り編。

 

とかい子の実家は大変にいなか。この時期でもストーブ付けるくらい寒い。

母と父と、弟と妹。それから、親戚一同も集まって総出で大売り出しを手伝うのが

GWのつとめ。

今年はそうそうに都会に戻ってきてしまったが。

飛行機の関係で、市内に住む大学時代の友人の家に一泊させてもらった。

しかも、なんだったら迎えに来てもらった。

別になんという仲でもないのだが、男友達というやつで。

ただ、お互いにとまったりとまらなかったりするような仲ではある。

もし、なんかおこったらその時はお互いどうしようもなくなっているという

事だがから、翌日に籍を入れて病院行って弁護士行って遺書書こう、という

話をしている。そういう仲。

 

この年になると、結婚しないの?と言われる。

そういった状況で男友達を連れていったものだから、まーややこしかった。

今度、この男友達を中学校の時からの同級生に紹介しよう。

周りが幸せになってくれうのは多いに喜ばしい。

もうね、会うたび会うたび、どの友達にあっても、大体一瞬は、

この話をする。結婚ってもうしんどいね、この響き。

家族制度、たいへんすぎやろ。

 

そして、この仲がいいだけの何でもない男友達に無事に福岡市に送ってもらい。

とくにすることもないのでその場で解散し、各々お腹がすいたら集合しよう

という感じ。

どこいこかねーということで、福岡市内で最もふるい映画館へ。

時間つぶしに映画を見ることができるようになったのは大変に

大人になったなあと思うことの1つ。ということで、ここ。

 

www.nakasu-taiyo.co.jp

 

戦後間もなくの中州に建てられた映画館。チケットも手売りで、

なんと、全席自由。スクリーンは4つあって、一番大きなスクリーンは

304席もあるそうで、フランス製の椅子も使っているそうで。

なんせ、いつ集合するかもわからんからあんまり長い映画も見れないが

そんなにちょうどの時間帯の映画もなく。

 

f:id:tsumehaya:20190506221708p:plain



 

雰囲気あるでしょ?

んでもって、見た映画がこれ。

 

bkm-movie.jp

 

初の黒人警官についての実話に基づいた映画で、差別に対する両方の視点から

えがかれている。正義はどこにあるのか、現代の流れまでも書きこんだ

考察をたくさんするような映画である。

あ、スカッとはしない。もやっとします。

あんまり考察とか得意ではないので、深くはかけないけども。

 

見終わって、友人と合流し、ご飯を食べ、友達の家に上がりこむ。

意外と身長180もあったことを知ったり。転職に悩んでいることを聞いたり。

弟くんの話とかご家族の話とか、振られた話とか。

だーらだらしゃべりながら眠りにつき。

 

中学の友達を紹介する約束を再度して、解散しました。

はたから見れば独身男性の家に泊まるなんて、ということなんだろうなあ。

このあたりが難しい。男性だから、女性だからでまた人間関係が

狭められるのはなあ・・・・。

 

今回もおちなし。

長めの袖は役に立つ~大阪・福山市編②~

1人で正しくいきていくことは難しい。

自分で自分をきちんと管理できないので、

できれば同居人が欲しい。

他人なしには自己を認識できない、生命とはかくもやっかいなものだ。

さて、GW回顧録その2

 

とかい子は基本旅行プランを立てない。

行きたい場所を二カ所くらい決めてあとは、その道中で

気になったものを見ていくスタイル。

とくに神社とかお寺とかは、行き当たりばったりの出会いがいちばんいい。

福山市は、徳川家康のいとこに当たる人が開拓した土地である。

その人をまつった神社が、福山市内最古の神社の境内の中にある。

よき雰囲気でしたのでよってもらいたい。

f:id:tsumehaya:20190505212706p:plain

民神社というそう

福山市は、もともと海だった所を埋め立てつくった土地である。

そのため、真水の確保は重要な課題だった。

現在でも当時の名残を残し、福山市内には水路がはり巡らされている。

 

 

そんな街並みをながめつつ、駅からやく1.2kmほど。

今回、事前に決めた目的地の1つ、福山自動車時計博物館だ。

 

福山自動車時計博物館

 

はじめての南極調査に用いられた車両や、往年の車種、

小さなプロペラ機、ありとあらゆる時計が展示されている。

整然とはしていない、雑然としている。自由に触ってよいし、乗ったりもしていい。

写真もOK

f:id:tsumehaya:20190505213307p:plain



 

なかなかの異世界観。どれもこれも、本当に市内を走っていたもの、

使われていたもの。ナンバープレートもしっかり残っている。

f:id:tsumehaya:20190505214001p:plain



 

いっぱいの時計。もうちょっとちゃんと撮れればいのになあ・・・・・。

 

f:id:tsumehaya:20190505214105p:plain



プロペラ機にものることができる。

うえからのって、許されるなら翼に寝ころびたかった。

f:id:tsumehaya:20190505214302p:plain



 

全部ピンボケしとる。まあ、いいかあ。

プジョーの初代、それから、日野が一時期つくっていた自動車。

きれいな色である。

f:id:tsumehaya:20190505214740p:plain


 

ホンダがいちばん最初につくった電動自転車(これまだ動くなら大分すごい)

大きな大人が楽しそうにしていた。

わたしの一番気に言ったのは、からくりピアノ。

スイッチを入れると、勝手に演奏する80年前のアメリカのからくりだ。

ただし、どうやったら動くとかぜんぜん教えてもらえない。

どうやったら動くかなーをうーん、うーんとあちこちいじると

そのうち動き出す。

どうやって動いてるんだ、すげー・・・・・とぽかーんと眺める。

そんなに車とかバイクとかわからないのだが、それでもわくわくする。

和時計とかとても美しいので、みに行っていただきたい。

 

そこから、駅を目指しててくてく歩くと途中に豆菓子屋さんをみつけた。

f:id:tsumehaya:20190505215505p:plain



http://www.mametoku.co.jp/

 

中に入ると、何十種という豆菓子が並んでいた。

テンポにはいると、お店の人気商品を試食させてもらえる。

ヨーグルト風味やメープルといったものから、抹茶、うめ、炒りなど

和洋のどちらの味も楽しめる。

甘いもの苦手な人のお土産にもよいかもしれない。

 

つづいて、大黒町。

偶然たどり着いた、雰囲気満点の通り。

f:id:tsumehaya:20190505215816p:plain



レンガ畳だ。

 

これ、耳鼻科なんですって。

 

 

f:id:tsumehaya:20190505220007p:plain

イスランカ料理って書いてあった

 

f:id:tsumehaya:20190505220112p:plain

ガス灯が現役していた。

からしらべたら、このまちづくりを牽引したひとが、先ほどの博物館の

館長さんだったとのこと。多いに納得だ。

レトロモダン、という言葉がぴったりの通りだ。ぜひこのまま残ってほしい。

なにが残念かって、こんなにも写真映えするまちなのに

ぜんぜん、綺麗に写真撮れていない。すいへいを取るだけでも全然違うのになあ。。

 

f:id:tsumehaya:20190505220727p:plain

これも、なんかもうちょっとなんかあったよね。

天気の良い日に改めてリベンジしたいと思う。

 

あとは、実家にもどってお店を手伝っておわりました。

 

 

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

長めの袖は役に立つ~大阪・福山市編①~

10連休をまるまる遊び倒すことができるほど

やりたい事がないなんてなんて悲惨な人生でしょう。

いや、やらなきゃいけない事はたくさんあります。

あたらしい落語のネタ作ったり、ポスター作ったり。

まあね、気を載せるのが休暇です。

そういえば、令和のタイミングで結婚報告が相次いだ。

おめでとうです。(それだけです。ほかにはかたりません、あえて!)

 

さて、わが社も一応10連休。

ちゃんとためておかなきゃなーと思っていたのに全然たまりませんでしたので、

しっかり貧乏旅行をすることに。

何でもかんでも高くなるので、とりあえずトカイを脱出することに。

夜行バスで大阪に向かう。3列シート、1万円くらい。行こうと思えば

大阪~東京間は3000円くらいでいける。

 

大坂の目的地は「てんしば」

f:id:tsumehaya:20190504152000p:plain

アベノハルカスをのぞむ民説民営の公園

www.tennoji-park.jp

 

パークマネジメント事業の事例として取り上げられることの多い、

東急電鉄が整備した、「民設民営」の公園だ。

企業が公園の維持管理、建物の整備を行政に代わって行う代わりに、

その公園に設置されたテナントから利用料等を得る仕組みだ。

今後財政難が見込まれる行政のあり方の1つである。

 

心地よい緑を整備することで、商業施設の価値をたかめることができる、

なにもせずとも、場を整えるだけで人が集まると言うことが既に価値なわけだ。

その日も朝の7時にも関わらず、散歩をしたりイベントの設営準備をする人で

ここちよいにぎわいを醸し出していた。

アベノハルカスにもちかいし、駅おりて目の前である。

大阪は、まちなかに大規模な緑が少なかったりするのでぼんやり過ごすのには

おすすめだ。商店街も近いし。

 

11時には大阪駅から鈍行にのって、福山市をめざす。

大体4時間くらいかな。

お供に本を二冊。一冊は仕事の勉強をかねた一冊。

もう一冊は住野よるの新作「夜のばけもの」。

 

ja.wikipedia.org

 

すみのよるの作品は、少し明るい湊かなでだと思っている。

思春期の同調主義、本音と建前、無関心な他人、集団の中の自分。

そんな、誰もが一度は認識したことあるようなことを

物語の中でいたいくらいにつきつけてどの作品にもどうか、救われてと

読み進めるが、決してさわやかには終わらない。

この感相はまた別に書こうかな。

 

そんなもどかしい思いを抱きながら、ボックス席で

かわりばえのしない景色を眺めながら過ごす。

 

そして、鈍行列車の窓枠には大体こんな感じの落書きがあるのだけど、

これって皆どうやって書いてんのかな。

安全ピンなんて持ち歩かんだろうし。書きたくなるほど

いい一日だったなら何よりだ。そういう時間の記憶がこの車両には

置き去りにされている。だから、普通電車が好きなのかもしれない。

飛行機には落書きできんし。あの向かい合わせに座るタイプだと

わざわざ書かない。この微妙な個室空間っぽいボックス席の車両だから

いいんだと思う。

 

そうこうしているうちに、福山市へ。

 

 

駅を降りたらすぐお城が見える、古い城下町の街並みがよく残された

市だと思う。

 

 

今回はことごとく写真がわるいな・・・・・。

まあ、いいか。

 

福山市は以前から見てみたかった商店街ある。

 

www.g-mark.org

 

近年、アーケードを取り払う商店街が増えている。多くが維持費の

問題からだったかとおもうが。

天井を取り払いつつ、商店街としての連続性と維持、

緑を配置して歩きたくなる通りを演出している。

 

f:id:tsumehaya:20190504155817p:plain



 

残念ながらめちゃあめで、いまいち良い写真じゃないけど。

公園的な整備のされ方なので、もっとここに人がとどまりたくなる仕掛けができたら

面白いのだろう。

 

雨の中をふらふらと歩いていると

なにやら不思議な喫茶店?フリースペースのような場所を見つけた。

「どうぞ、よかったら中へどうぞ」

と、奥さんが中に入れてくれた。

たなにはびっしりのレコード。

 

f:id:tsumehaya:20190504160029p:plain



 

「せっかくやから好きなん聞いてみて」

と声をかけていただくも、1960年代~1970年代の邦楽ロック、フォークが多く、

んーわからん。ジャケットみてきめよかなーと思っていたら、

オーナーが1枚すすめてくれた。

 

ja.wikipedia.org

 

♪好きだよと言えずに、初恋は~をうたっている人。

レコードがいちばん音質がいいと聞く。個人的には

低音がよく聞こえるのがレコードのいいところだと思う。

ベースの音はかき消されがちで意識しないと聞かないのだが、レコードだと

よく聞こえる。太鼓の音にもにた、音が体の真ん中で響く感じだ。

 

なんでも、ここのオーナー、この人とおなじステージに立っていたらしい。

すて曲のない、いいアルバムなんだとおすすめの一枚とおいしいコーヒーで

ゆたかな時間を過ごした。

・・・・・肝心の店の名前とか、住所とか忘れてしまった。

 

あるいてたら絶対わかるのでよかったら行ってもらいたい。

実際、商店街かわったけど、どうですか?と尋ねたところ、

まだ集客に結びついている感じはしないとのこと。

まあ、そうだ。場を整えてコンテンツを入れていくのは今からだろう。

それは、まちのひとたちが、どんなまちにしたいかを考えて

動いていくしかないわけである。

やみくもにチェーン店がはいるような、統一された雰囲気を無視した

店舗展開がされることないよう、生活に必要とされる商店街に

今後なっていったらいいなあとおもう。

 

福山、とてもたのしかったので、もう1回分くらいかく。

 

 

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」