ツメが伸びるのはやいねん。

都会に住むトカイ子と、田舎に住むイナカ子が、都会砂漠と田舎沼をサバイバルする日記。

ライブの感想※当日編/

注意 こころに響きまくって大泣きしたライブの帰って、飲んで寝た次の日の朝に 書きあがっていた文章です。 Morohaというアーティストのライブに行ってきた結果として歯を食いしばりすぎて唇きれてるし、握りしめすぎたせいで爪が刺さって手のこうがいたいジ…

梅干し※この話は半分フィクションです

私の実家は、いわゆる兼業農家だ。そのため、米をかうという習慣がない。 高校と卒業と同時に実家を出て以来、三か月に一度程度実家に電話を入れる。 「あ、お母さん?米なくなったけん、おくってー。」 親の愛というのはありがたいもので米だけでいいと言う…

始まらなければ終わらない

連休明けってどうしてこうもみんな当たり前なんでしょうね。 二日もあっていないだけでずいぶん久しぶりな気がするのに、 びっくりするくらいコピーアンドペースとな毎日になりがちです。 私が東京に来てから3年程度、変わらなかった景色なんて何一つありま…

私が高座にあがるとき

「えーまいど古いお話でございますが」 通勤中のイヤホンから、耳に心地よい語り口調が流れる。満員電車を嫌って、雨の日と寝坊しなかった日以外は片道40分、通勤のため自転車をこぐ。そんな私のお供は、幾人もの落語家たちだ。 もうすぐ、耳当てが必須の時…

縁は異なもの

私は友達が少ない。 高校の友達は皆無だ。 中学は小学校からの持ちあがりだったが、違う小学校の子と混ざるため 一気に友人は増えた。 卓球部に入っていた私は、同時入部の同期女子の3人とそれなりに仲良くできていたと 思っている。大学時代は二人が長崎ま…

カウンターバーのような自由を始めよう

新橋にお気に入りのバーがある。 チャージ料がそこそこ高いからなのか、カウンターバーでメニュー表もないからなのか、同じ年齢の女性に会うことはない。 ようやく飲めるようになったウィスキーをロックで飲みながら、マスターと話すのがちょっとした贅沢だ…

贖罪

『台風の夜に寄せて』 懺悔をして、自己を肯定したところで 何になるだろうと、いつだって自分自身のあれやこれを 全部笑い話にしてきた。 笑えない話も無理して笑い話にして、そうやって私が傷つけた人もいる。 本当はなにもかもが怖くて、むき出しの感情や…

苦爪楽髪(なんとも雑な舞台裏)

雨が降っていて、いろんなことがうまくいかなくて、 自分に関わる全てが煩わしくて、大げさなことを言えるほど 自分の人生に真剣じゃなくて、流れていく締め切りとか、 愛想笑いでごまかした信用とか そういうものの一切が煩わしくて、見知らぬ上野のカウン…

恐怖は過去からやってくる

とかい子といなか子はともに大学院卒だ。 二人とも他大学から院に進学してきた。入学当初はボッチ会なる飲み会を 開いては騒いでいたものだ。 この大学院進学、とかい子的には、(親に金を出してもらっていて言うことではないが)、素直に失敗したと思ってい…

※以前書いた記事のリメイク版

「はい、こちら800円になります。」 どうもーと大学生くらいの一団が買っていったのは、「底に穴の開いた」さかづきだ。 「空吸(そらきゅう)」という高知の民芸品で、時代劇に出てくる頭にかぶる笠のような円錐形をしている。穴をふさがなければ酒がこぼれ…

海は広いな大きな

私たちは、生活の中に手のひらサイズの海を手に入れた。どこまでも深く、いつでも変化し、災害も恵ももたらす、そんな四角い海を手にいれた。 ここでいう「海」は、インターネットのことだ。私たちは、よせてはかえす情報の波にだばっと浸っている。 海は、…

人生の時短料理

五畳半、キッチン、バス・トイレ別、収納・ベランダあり、洗濯機外置き、月27,500円。それがとかい子の初めて1人暮らしをした部屋だった。場所は、異国情緒あふれる長崎市。大学進学と同時に実家を出て、アスレチックだろうかと思うほどの強い傾斜の坂道のほ…

心置きなく幸せになりたい その2

恋を始めるなら秋がいい 恋を終えるなら春がいい 日本の四季は恋に向いている、てきなCMがあった気がしている。 わりとあっていると思う、とかい子です。 とかい子、たぶん根はとても暗いのだと思う。 以前、心置きなく幸せになりたいというタイトルで つ…

頭が溶け出してこぼれた液体に浮かんでた文字で書いた文章

暑いんだけれども。 ほんっとにほんっっっとに暑い。 せっかくなれないお化粧頑張ったのに、10分で全部落ちた。 汗が目に入ってめちゃしみた。やすも。 さて、 お金を使って贅沢をするのは簡単だ。だって、手段を択ばなければ、 あと、リスクを負えばお金は…

夏はいつも懐かしい

とかい子はタイトルから書く派です。 そのあと、お題を選びます。なので、タイトルと お題があってないことは良くあります。 夏に食べるものって毎年同じ味がしますよね。新しい夏が 毎回毎回やってくるのに、夏はいつも懐かしい気がします。 麦茶に、クーラ…

苦爪楽髪(伸縮性が試された夜)

とかい子の年齢は27歳で、20代の後半もいいところだ。 もはや、30代手前といった方が、20代後半よりもしっくりくる。 自分がいい年なのだから、当然周りの人々も適度に年齢を重ねていく。 気づけばその人と初めて会った年齢を越えていたりして、 ああ、時は…

人という字はヒトとひとが支えあってできている

しごとが終わらない、すすまない、ねむい、したくない。。。。。めんどくさい。 でもすき。 どうも、トカイ子です。 私の性格で、最もだめだと思っていることは、 他者に必要とされることに依存することである。 自己肯定感がひくいから、他者評価に自己評価…

いつの間にか7月になってました

書くことがないわけではない毎日を送っていたけれども、 それなりに休日に力尽きていて、あまり書けませんでした。 どうも、とかい子です。 ついに7月ですな。 いつのまにか、いなか子は1つ年をとってました。おめでとう。 8月遊びいかしてや。 とかい子は外…

夢を見たらパスケースをなくした

梅雨の気配を濃厚にかんじていますが、 九州程の湿度の高さではないので、それほど苦痛には感じないです。 ただ、寒いんだよね、雨が。 どうも、とかい子です。 いつかなくすだろなーと思ってた、会社のカードキー ついになくした。 それも、どこかに置き忘…

なあ、東京タワーみにいかね?

金曜の夜、20時ごろ。 なんとなく、会社を上がろうとしていた私に届いた通知。 東京タワー、みにいかね? ん?なんだ私告白でもされんのかな。そもそも、私、職場が東京タワーの近くだからほぼ毎日みてたりして。 まあ、いいんだけど。 相変わらず、事前に約…

他者への賞賛は幸せの1つ

・・・・・・・ご本人が、リツイ―トしてくれた。 ・・・・・・・アクセス数がなんかやたら多かった。 ホンっとに申し訳ない、マジですみません。ありがとうございます。 根岸さんの一本気あふれるところも、それを受け止めてあまりある佐藤さんも とても楽し…

友達が鬱になった

友人がいる。 気の置けないのみ友達だ。 相変わらずネットでばかり出会っているが、 こやつとは、既に5年近くの仲だ。 飲んでくだまいて、そこで終わり。 過去に落ち込むことはない未来に怯えることはない過去は もう ここにない未来も まだ ここにない明日…

久々に元彼の夢をみた

先だって、落語をしてきた。 ひっさびさの、5年ぶりくらいの、現代落語。 「神頼み~初恋編~」 ぜんっっっぜん練習してなかった。やっばいくらい滑った。 が、なんとか、あたまと尻尾だけは残して、さげまでいきついた。 かもみしももぐちゃぐちゃだったし…

ライブやるよ!きておねがい!

宣伝します! どうも、とかい子です。 こういうのが、一番ブログがでは受けないとわかっていますが、宣伝です。 寄席やります。とかい子でます。 よかったらみにきてください。 ポスターはいなか子につくってもらいました。本当にありがとう。 頑張るあなた…

長ネギ 

今週は土曜日もちゃんと早起きした。 職場が異動したから頑張って靴とか服とか買ってきた。 でも、よく考えたらパンプスは既に持っている。 かかとを駄目にしてしまっているが、修理に出せばいい。 そもそも、ジャケットも3、4着持ってた。なんか行く先々…

長めの袖は役に立つ~福岡里帰り編~

連日投稿ができるような穏やかな日々も終り。 もう、日常に戻れる気がしない。 たった1週間休んでもこうなのだから、学生の夏休みってすごいね。 1か月以上もありましたけども、それでも足りなかった。 それだけ、なにかしよう!にあふれていたわけで。 定…

長めの袖は役に立つ~大阪・福山市編②~

1人で正しくいきていくことは難しい。 自分で自分をきちんと管理できないので、 できれば同居人が欲しい。 他人なしには自己を認識できない、生命とはかくもやっかいなものだ。 さて、GW回顧録その2 とかい子は基本旅行プランを立てない。 行きたい場所を…

長めの袖は役に立つ~大阪・福山市編①~

10連休をまるまる遊び倒すことができるほど やりたい事がないなんてなんて悲惨な人生でしょう。 いや、やらなきゃいけない事はたくさんあります。 あたらしい落語のネタ作ったり、ポスター作ったり。 まあね、気を載せるのが休暇です。 そういえば、令和の…

幻と消えた旅行プラン

10連休に向けて世間が騒いでいる。 飛行機も新幹線も、夜行バスも、なにもかんも、 めちゃくちゃこむし、そんなにまえから休みの計画をたててられるほど、 毎日余裕があると言うのならそれはそれでよいことだと思う。 さて、とかい子はあんまり前もって旅…

好きな人のそばにいるあなたが好き

おおげさなタイトルをつけてみた。 今回はタイトルに負けず劣らずの大げさなファンレターである。 決して怪しいものではないので、どうかもしみつけてもひかないでほしい。 人畜無害な生き物です。 絶対に危害は加えないので、ほんとうに、大げさなファンレ…