ツメが伸びるのはやいねん。

都会に住むトカイ子と、田舎に住むイナカ子が、都会砂漠と田舎沼をサバイバルする日記。

人間関係におけるフットワーク

行動力がある人の事をフットワークが軽い、という。 これが、男女間の話でフットワークが軽いというと、 足ではなくて尻が軽いんだろ、と揶揄されてしまうのだが。 別に尻が軽くなくても、性別の壁なんて2秒あれば超えていけると思う。 そんな、何度目かの…

心置きなく幸せになりたい

実家では、大地が白一色に染まっているようで、 2月の当初は、全国的に寒波に覆われるそう。 「人の欲と降る雪は、つもりつもりて道を忘るる」 小意気な都都逸が残っておりますね。まあでも、自分でひいた覚えもない道を 自分が選んだんだ!ってなるよりは…

「勝ち負け」ではなく「良いか、より良いか」

お久しぶりです、イナカ子です。 イナカ子はずっとテニス部だった。 ただ「練習ではまあまあ打てるのに試合になるとさっぱり」という、典型的なダメ選手だった。 でもイナカ子は完全なる「非・負けず嫌い」。 試合に負けてトイレにこもっちゃう人とか、勝っ…

今日の一曲

soundcloud.com イナカ子の今日的一曲。 お題「ひとりの時間の過ごし方」

他人の日常は、非日常

出張という形出はありますが、島根県益田市まで行ってた来た。 柿本人麻呂ゆかりの地で、さすが島根、どこに行っても古代のロマンが吹き荒れている。 とまったホテルがちと変わり種で、4,5,6階は、客室だが、 3,4階がカラオケとボーリングだった。 …

たまに下書きを整理してみた

年度末の戦争に向けて、帰れない日々が続くとかい子です。 一度家に帰ってしまうと籠城しがちだから、 できるだけ家にはかえりたくない、いたくない。 たたかい続ける人の心に必要なのは、休息場ではなく、 新たなる戦場である。戦い続けられなければ、死ん…

ポメラニアンみたいな男の子に告白された話

新年明けましておめでとうございます。 イナカ子、30手前にしてポメラニアンみたいな男の子に神社に呼ばれ、雨の中告白を受ける。 シャイで不器用な彼は、わたしがカッパを着て長靴を履いて自転車にまたがったところで声をかけてくる。 「話したいことがあ…

365分の1の日の出

今年は、実家に帰り損ねたし、 年越しも会社だし、年始も会社にいる。 集中力がぶちぶちときれ、仕事に関する意義を必死で見つめながら だらだらと過ごしてしまう自分に腹を立てつつ。 せっかく、関東でお正月を過ごすのだからと初日の出を見にいった。 毎日…

クリスマスはどん底で(師走中盤)

いまさらですが、クリスマスの話し。 私は、このクリスマスというイベント、めちゃくちゃしんどいと おもっている。 なんでかなーと振り返ると、 「あ、そうか。あたし常におもてなす側しかしてないからか」と。 相手に喜んでもらうために駆けずり回る。それ…

主役をはれない(師走序盤編)

師走が師走過ぎて何もする気が起きなかった。 みなさん、あけまして、おめでとう。 まあ、なんとなく日本は年度で3月締めだから1月が一年の 終りという感じがしない。どちらかというと、休戦の期間という感じ。 自分の神経にはかせているたっかいたっかい…

"行きつけ"という心のおうち

イナカ子の行きつけシリーズ 田舎の数少ない良いところは、"行きつけ"がたくさんできるところだと思う。 どこに行っても「お〜〜イナカ子ちゃん」と迎えてくれる。 写真はここ、化粧品はここ、ピザはここ、カレーはここ、コーヒーはここ、と、気づけばいろん…

箸にも棒にもかからない〜イナカ子のちょっと手の込んだ趣味:動画〜

ちょっと手の込んだ趣味多め。 どうも、イナカ子です。 数ヶ月前、とあるコンペに応募して箸にも棒にもかからなかった作品があるので弔ってほしい。 佐田岬ワンダービューコンペティション(サダワン) 撮影:iPhone5s音楽:フィーリング脚本:成り行き ドロ…

ほろびゆく故郷

私のふるさとは、その辺のいなかより、いなか。 king of いなか、とまではいかないけれど、 いなかの大名クラスではある。 ふゆになるとこんな感じ 福岡県の東峰村、というところだ。 人口およそ2000人、小中一貫校の生徒数はおよそ100名 国勢調査で計算した…

長めの袖は役に立つ ~新潟旅 とかい子ver~

いなか子と有給とって日帰り旅行にいってきた。 いなか子とは、大学院の時からの付き合いだから、 4年ほど仲良くしてもらってるのだけれど、 どうにも私達はスタンドプレーがすきで、どっちもスナフキンタイプ。 帰る場所さえ決まっていれば、後は、お互い何…

「瀬戸内経済文化圏OPEN SUMMIT」に行ってみたら往復ビンタだった

「瀬戸内経済文化圏OPEN SUMMIT」なるものに行ってきた。 どうも、イナカ子です。 道後は今、オンセナートというものをやっている。 街にアートがなんちゃららという、よくあるやつだ。 2014年の謎のオブジェ 道後オンセナート これに、日本各地で面白い取り…

ホストに本を選んでもらったら思いのほか心に刺さった

歌舞伎町ブックセンターという場所がある。 ここには愛にまつわる沢山の本が置いてあり、なんと現役ホストさんたちに本を選んでもらえるのだ。 ホストさん・・・?ということで行ってきましたイナカ子。 本棚はピンク、赤、黒の三つのゾーンに分かれていて、…

米と酒がうまい。独身アラサーの新潟二人旅

とある休日、イナカ子は別のイナカにいた。トカイ子と。 そこは・・・新潟。 前日、単独行動だったイナカ子は新幹線で東京から新潟へ向かう途中、名前に惹かれたので急遽途中下車する。そこは燕(つばめ)市。 燕市はものづくりの町。刃物や金物が美しく並ん…

寄席を主催したらオフ会になった

徐々に寒くなっているとはいえ、もう、12月もまじかだというのに こんなぬるい感じでいいんでしょうか? 緊張感を取り戻せない毎日がつづいてます、トカイ子です。 最近、2か月くらい仕事のイベントで知り合った方と お笑いライブを開催した。 イベントなん…

まだ間に合う!気軽に訪れられる愛媛県松山市内の紅葉スポット

​_ 年を重ねるごとに怖いものと羞恥心がなくなってゆく。 どうも、独身アラサー彼氏ナシ・イナカ子です。 昨日、松山城の麓にある二の丸庭園がライトアップイベントをやっていたので大勢のカップルが湧いている中一人で涙ぐみながら行って来たよ。 アラサー…

西日本一高い紅葉スポット石鎚山頂で笛を吹く

今週のお題「紅葉」 体力削って精神力チャージ。どうも、イナカ子です。 2週間ほど前、石鎚山に登った。 石鎚山山頂 石鎚山は西日本最高峰の山だ。とはいえ、2,000mない。 長野の錚々たる山たちが聞けば、お子様が強がっちゃってと鼻で笑うかもしれないがと…

ブラジリアンワックスしたら天使のお股を手に入れた

イナカ子です。 先日、低コストで涼しく快適な股を過ごす方法という記事を書いたけれど、 今回新たに「ブラジリアンワックスVIO」を手に入れたのでレポートしようと思う。 tsumehaya.hateblo.jp 今回お邪魔したのは、美人で面白いオネーサンが評判の、Junipe…

たまには文化的な人間生活を

東山魁夷の美術展に行ってきた。たまには文化的な人間生活を。 どうも、イナカ子です。 土曜日がやっと休みだったので、美術展などに赴いてみた。 www.ehime-art.jp 交流があったという川端康成と東山魁夷の作品と美術コレクションを巡る展示だ。 そこで拾っ…

小田深山の紅葉踏み分け鳴く鹿はいなかったが独身アラサーは泣いていた。

今週のお題「リラックス」 体力を削ってリラックス。 どうも、イナカ子です。 愛媛県松山市内から車で1時間半ほどかけて、内子町の小田深山というところに行ってきた。 小田深山の紅葉 ここは四国でも有名な紅葉スポット(らしい) 水が深い青で、とても綺麗…

愛とは洗脳である。

イナカ子は、愛とは自分への洗脳であると思っている。 これをわたしの愛しい人とする、と定め、そうなるよう組み立てるのである。 どこかから泉のようにとめどなく湧き出るものでも、天使が運んでくるものでもない。 愛の入り口にあるのが恋である。 緩やか…

久々に高座にあがった件について

最近、落語をする機会に恵まれている。 会に所属できた。所属できる、ということはとてもうれしい。 こうありたい自分、というものを形作くろうとおもったら、 そうなりたいという自分に近い人たちと絡むのが一番よいとおもう。 遠い未来の人物像と近い未来…

僕の後ろに道はできる 僕の前に道はない

なかなか体調が戻らず、でも、よく考えたら 毎日どっか体調不良なわけで、これが体調不良だなってわかる程度には 元気な時があったらならまあ、いいか、という気持ちになった。 どうも、とかい子です。 ばたばたとした引っ越しから、はや一か月がすぎ、 近く…

てきせつなほめ言葉

1人1人にあうほめことば、というのがあるとおもう。 例えば、私にとって料理をする、ということは全く特別ではない。 料理ができるようになるために何ら努力してはないし、 母親の手伝いをしているうちになんとなく覚えたもので、 おいしいものはつくれない…

後ろ向きとか前向きとかしらないけど向いてる方向がとりあえず前

こう、日々新しいことを書いているつもりなのに、 気が付けば過去の振り返りになっているのは、今という瞬間が 過去の積み重ねによって形成されているものだからなのか、 はたまた、新しい体験をしていないからなのか。 出会えている人の幅も最近偏っている…

おおぞらのしたのたまりば

暑かったり寒かったり、あきなのか夏なのか、いまだにはっきりしない天気ですが、空には確実に秋が来ているなと感じるこの頃です。 どうも、こんばんは、いなかに行きたがるとかい子です。 先週、狛江市で開催された「TAMARIBA」というイベントに行ってきま…

チームラボのデジタルアートは薄気味悪いくらいきれいだった

台風の猛威を背中に感じながら日曜日にお台場にくりだした。 今年の6月にオープンしたチームラボとEPSONの常設展に行くためだ。 borderless.teamlab.art 展示と展示の区切りがなく、仕掛けの説明もなく。 暗い壁と鏡と、土地のアップダウンだけの空間にひた…